白ニキビと黄ニキビの写真

白ニキビと黄ニキビは似ていないけど名前が似ているせいで勘違いされやすい症状なので、まずは写真で確認していくことが治す上でも大切になります。

後述するように塗り薬の選び方には違いが出てくるので、写真でしっかりと種類の違いを認識しておいて損はありません。

 

まず、毛穴に角栓がたまってできるブツブツ白ニキビの写真がこちら↓です。大量発生しやすい事が特徴の一つです。

(画像が見にくかったらごめんなさい。)

 

一方で、白ニキビと勘違いされやすい黄ニキビの写真がこちら↓となります。

確かに写真を見ると明らかなように、色はどちらかといえば黄ニキビの方が白色、黄色で、白ニキビは無色透明の方が近いですよね。

 

永久返金保証つきのパルクレールジェルなら、どちらの症状でも対応することができます。

特典でついてくるコントロールカラーを使うと、上手く隠しながらケアすることも狙えますよ♪

 

>>>【新聞でもNo1と紹介!】パルクレールジェルを見てみる!

 

 

最初の写真のような白ニキビはニキビの初期段階の症状で、まだ炎症も起こしておらず単なる毛穴の詰まりの状態です。

写真からも分かるように無色透明で1つ1つは細かく目立たないプツプツですが、大量発生しやすく、大量発生してしまうとメイクでもなかなか隠すことが難しくなる厄介な肌荒れです。

毛穴が豊富で皮脂腺、汗腺が豊富な顔は白ニキビが大量発生しやすく、おでこ、頬、あごといった場所に関係なく大量発生します。

 

白ニキビが悪化して2枚目の写真のように炎症を起こして化膿すると黄ニキビにまで進行して、黄ニキビはニキビの最終形態と言われている症状です。

(白ニキビが黄ニキビに突然悪化することは稀で、角栓が酸化して黒ニキビになったり、おなじみのしこりのように腫れた赤ニキビを経て黄ニキビへと発展していきます。)

 

黄色ニキビの膿の正体は白血球の死骸で、毛穴の中で過剰に繁殖したアクネ菌と戦った結果が黄ニキビの発生につながるのですね。このことを知ると写真の生々しさ、痛々しさが2倍になります。

潰すと中の膿が出てくることはご存知だと思いますが、潰す方法で治そうとすると凸凹ニキビ跡が残る原因にもなってしまうので、コスメを使ったスキンケアや治療薬で対処しながら、膿が自然に引いていくまで待つようにしてください。

口周りにできる黄ニキビはエロニキビなんて呼ばれることもあって、印象的にも良いとは決して言えません。

 

もしかしたら写真で症状の確認をしたことが無かった方の中には、黄ニキビの事を白ニキビだと思って当サイトへ訪れた方もいるかもしれません。そして写真とここまでの説明をみて違いを初めて知ったという人もいますよね。

しかし、白ニキビであっても黄ニキビであっても化粧品からのアプローチ方法に変わりはありません

 

●白ニキビは単なるコメドなので毛穴の古い角質汚れをごっそり落とす洗顔料がケアの上では大切だし、黄ニキビの場合には潰さないように刺激を与えずにケアできる優しいモッチリ泡洗顔を使っていく事が重要です。

 

どちらにせよ、例えばこの洗顔が症状に適切なんですね。

 

>>>毛穴汚れを優しくゴッソリ落とす人気の泡洗顔がコレ!

 

 

白ニキビと黄ニキビに使う薬の違いには注意

白ニキビと黄ニキビの化粧品を使った対処法には違いはありませんが、治療薬を使った対策には違いが出てきます

 

ただの「閉鎖コメド」である白ニキビには毛穴詰まりを解消して肌の新陳代謝を促す角質剥離作用を持つ薬が必要になってきます。

処方薬で言えばディフェリンゲル、薬局やドラッグストアで手に入る市販薬で言えばペアアクネクリームが適切です。

 

一方でアクネ菌が繁殖して炎症を起こして化膿した黄ニキビには抗炎症作用と抗菌作用を持つ治療薬を使わなければいけません。

こちらは種類が豊富で、処方薬ならダラシン、ゲンタシン、アクアチムなどの抗生物質やべピオゲル、市販薬ならクレアラシル、ビフナイト、テラコートリルなどがおすすめです。

また、オロナインが手元にあればオロナインでもじゅうぶんです。クリームタイプのオロナインの方が刺激を与えないようにケアしていきやすいかもしれません。

 

ベースとなる洗顔料と症状に合った治療薬で、どちらの症状であっても一日でも早くスムーズに改善させていきましょう。

>>>毛穴汚れをゴッソリ落とせるこの洗顔!

© 2018 白ニキビ大量 顔全体に出来たときの原因と治し方 rss